アンサーソン

おひとついかが

服を着るなら

夫がABAHOUSEの通販で黒のポロシャツを購入したらしく、先日それが届いた。夫はあまりポロシャツを着用しない。珍しいね、着たくなったの?と言ってそのまま流していたが、そういえばこの人この前「服を着るならこんなふうに*1」をKindleで読んでいたなと思い至った。

しかしながら夫は割と自分の着たい洋服や洋服の好みがはっきりしているほうなので、その漫画を読むこと自体が意外だった。私も夫と同じように洋服の好みがはっきりしている洋服バカなので、夫と一緒に買い物に行くと楽しい。夫に「その服はいかがなものか」と言われることもあるがそれも含めて楽しい。そんな夫に役立つ漫画じゃないんではないかなーと思いつつ、もしかするとなんらかの新しい視点を夫に与えたのかもしれない。

私は最近の漫画にはさして詳しくないのだが、「服を着るなら〜」は無料公開されているものがはてブホッテントリに上がっていたり、出版社か作者が公開した漫画の内容の一部がTwitterのTLに流れてきたりすることがあったため、その内容については多少知っていた。基本的にはコーディネート初心者向けのため、色物を選ぶなと怒られていたりして、そのシーンを見た瞬間に私に必要ない漫画だなと思った。*2

記憶が正しければ、以前見たその漫画の一部に「黒・紺・茶・グレーくらいでまとめろ」のような内容が掲載されており、そこで確かカジュアルダウンさせるために黒のポロシャツが紹介されていたような気がする。夫はおそらくそれに影響を受けたのだと思う。まあ黒ポロシャツが1枚あると着まわしもできて便利だとは思う。

 

ただ、なんかさ、こういうふうに行動の流れを察知されるのって恥ずかしくない?イヤ私は夫なわけじゃないから夫が実際どう思ってんのかは知らないけど、ていうか夫にこの「ああ、あれ読んだから買ったのね笑」という私の推理(推理?)を説明したわけでもないから私がそう思っているということを夫が知っているわけでもないのだが、なんていうかーあーグズグズ言ってますけど要は

 

いやなんで漫画に影響受けて服まで買っちゃってんだよ

 

という気持ち。

 

あなたもっと自分の好みはっきりしてたじゃん。どうしたよ今更、っていう。

前述したとおり、あの漫画が夫になんらかの新しい視点を与えたのかもしれないし、夫は夫なりにもしかするともうちょっと別の洋服の着方を楽しみたいという気持ちがあったのかもしれないけれども。

 

本当に何を着ていいかわからないって人には役立つ漫画だと思うのね。

ただ、あの漫画が全てだと思ってしまうと好みの幅が狭まったり自由が効かなくなるなあというのが私の感想で、有り体にいえば私はあの漫画が好きじゃないからそれに夫が影響を受けているのが気に食わないというだけのことで、今私は非常にモヤモヤしている。

*1:「服を着るならこんなふうに」というタイトルの漫画。主にどんな服を着ればいいのかさっぱりわからないという男性に向けて描かれたもの

*2:私は色物オバケである

モアイ

連想ゲームみたいな感じで漢字一文字をヒントに、どの世界遺産を示しているのかを答えるクイズで「顔」というヒントが出てきたから

あーあのーなんか歴代のアメリカ大統領の顔が彫ってある白い山〜名前知らないけど〜

と思っていたら回答者がラシュモア山と答え、あの山はラシュモア山という名前なのだと初めて知った。

正解はモアイ島だったので私も回答者も間違っていた。

ヒントには「渋」もあって、渋谷のモヤイ像から出たヒントだったらしい。

 

大統領の顔なんかよりモアイのほうが余程親しみがあるのにどうしてモアイが全然浮かばなかったんだろうと思ってちょっと考えてみた。

回答者はどうだったかわからないけれど少なくとも私の認識では、モアイって顔なんだけど顔というより「『モアイ』っていう生き物かなにか」みたいな捉え方をしているため、「顔」といわれてああそうだよな顔だよなと顔であったことを改めて認識するので、「顔」とだけ言われたときにモアイと連想しづらいんだろうなと思った。

 

この先の人生であまり役に立つとは思えないけれど「ラシュモア山」を覚えられた。

すぐ忘れそうだがな!

 

日本にもなんか仏像が彫ってある山があるよね。なんだっけ、と思って調べたら結構たくさんあるらしくて、私が思い浮かべていたのは「熊野磨崖仏(くまのまがいぶつ)」だった。

他のリアルな磨崖仏(崖に彫られた仏像を磨崖仏と呼ぶらしい)と比較してちょっとマンガみたいな顔をしていて面白いので興味ある方は画像検索してみるといいかも。でも面白いのはちょっとだけなのであまり期待しすぎないよう注意。

 

以前はこういう感じで気軽にブログを書いていたんだけどな。どうでもいいことを書き留めるの面白いよなと再確認したのでまたどうでもいいブログを再開しようかなと思っている。

いっときよりもブログ人口がだいぶ減ったので以前よりやりやすいかも。

と言いながら明日にはもう忘れてまた全然書かなくなるかも。

いえーい

いえーいみなさん自粛ってますか?私はコロナってませんが自粛ってます。

いやそこまで自粛ってないけど結果的に自粛らざるを得ない状況になってますというのが正しいか。でもみんなたぶんそうだよね…。

 

年明けに知り合い夫婦が離婚し(婚姻期間2年)、と思ったら知り合いのお付き合いを始めて間もないおっさん(40代後半・バツイチ)と若い娘(20代半ば)がいつの間にか結婚しており、なんだか人生には色々あるのだなあと思ったりしている。いつも人生は色々あるなと思ってるけど今回は特に。おっさんと若い娘はお付き合いを始めてひと月半ほどで結婚していた。現在お付き合い3ヶ月目。なんか…すごいな…。ついこの前まで他の人たちと「ホントに付き合い始めたの?マジで??」と言い合ったり「小金持ってるから財産目当て?」とからかったりしていたのになあ。財産目当ての線は消えてないけど笑

実際のところ、結婚に関してはコロナで後押しされたというのもあるのかなと思ってる。震災のあとも婚姻率高くなったって話があったでしょ。我が家も御多分に洩れず、社会的に婚姻している事実がないとICUに入れてもらえないって結構困るなというのも入籍の理由の一つだったりもしたし。今は事実婚でもICU入れるみたいだけどね。おっさんのほうは社畜で徹夜なんか日常茶飯事だし50代になったら色々無理も効かなくなってくるだろうしすでに効かなくなってきてるだろうし、コロナじゃなくても何かあったとき一緒にいられないの辛いと思ったんだろうなと。どれくらい続くのかはわからないけど「すぐ別れるだろ」と思われているところが意外と添い遂げたりするし男女のことは本人同士にしかわからないからな。

 

今月オットの誕生日があるんだけど今年はレストラン予約もままならないしどうするかなと考えているところ。もうホントすぐなんだけど困ったな。プレゼントなにか欲しいかと聞いても別にないと言うし(そもそもオットは好きなものを好き勝手に買っていて今日もリモートワーク部屋を充実させるためのなんかでかい箱が海外から届いた)、伊勢丹も開いてないからケーキの予約もできないじゃないかと。近くのケーキ屋さんは開いてたからケーキ買うくらいでいいかなもう…。

自粛期間に家人の誕生日があった人たちはどうしたんだろうか。UberEatsでケータリングっぽいなんか豪華なお食事を頼むとか…?

まだ一週間くらいは猶予があるんで少し悩もう。

 

次がいつになるかもうわからないけどまたね。

 

堅い口とは関係ないMac

昨日会社の人と飲みに行ったのだけど、その席で

「お前は口が堅い」

というようなことを言われた。

いや確かに一緒に飲んでいた会社の人(仮にQさんとする)よりは堅いよ?

Qさん、「俺は口が堅い」って自分では言うけど、Qさんに話したら大抵のことは別の飲み会で暴露されるからな!しかも面白おかしく脚色されるからな!

だから私はもうQさんには大事なことは何も話すまいと思って話していないため「口が堅い」という結論に至ったのだろう。でもそれって正確には口が堅いんではなくて「お前に話すことなど何もない」なんだよね。単にQさんを信用していないというだけ。

私やっと「沈黙は金」の意味がわかったよ。ありがとうQさん。

そういうわけで、今現在は私の口は生まれてきてから一番堅い。

 

 

 

それから、どうでもいいんだけど新しいMacを買ったんですね、MacBook Air

AirにするかMacBookにするかで迷って結局Airにした。なぜならUSB Type-cのコネクタの穴が2つだったから(MacBookは1つだけ)。2つあれば本体を充電しながら出力ができる。本体を充電しながらiPhoneの充電もできる。

店員さんに「子供の動画の編集なんかも充分できますよ!」って言われたけど子供いないし動画編集もしない。動画編集しません、Microsoft Office要りませんっていうと大概「なにをするんですか…?」って言われるけど(だいぶ前だけど友達がPC買うのに家電量販店に付き合ったら本当にそう言われた)仕事とかさ、ネットとかさ、勉強とかさ、色々使い道あるのよPCって。セミナーに持っていけばメモ取るのにも使えるし!(CPUムダ遣い)

 

さっきやっとデータの移行等々を終えたので(まだもうちょっと設定が必要なんだけどひとまず)、試しにブログでも書いとくか!と文字を打ち始めたら

 

すごく…打ちづらいです…。

 

ことえりMacに標準装備されている入力プログラム。WindowsでいうところのIME)だっていうのも理由の一つなんですけどね。ことえりはおバカさんなので。なぜか変換OKのときにreturnキーを二度打たなきゃならないんだけど設定で予測変換みたいなのをonにしたからだろうか。もうちょっと設定いじらないと使いづらそう。

 

ていうか気付いていなかったけど、はてなブログってhttpsじゃないんだね。がっつり「保護されていない通信」って出てるわ。しなくていいのか?はてなの中の人がしなくていいって判断したの?大丈夫か?

 

とりとめがなくなってきたし明日はテレビを買いに行くので(オットがテレビを買い替えたがっている)そろそろ寝る。またね。

底意地の悪い見解

先程ふと思い出してどうしても書きたいことができてしまったので、とりあえずそれを吐き出したい。吐き出させてくれ。吐いたら楽になる。

ちなみに内容はいつもと違わずどうでもいいもの、かついつも以上に私の底意地の悪さの滲み出る内容なので、フィジカル面でもメンタル面でも調子のよくない方には退出を推奨しておく。

 

 

 

 

 

 

 

今働いている会社で、昼ごはんを一緒に食べているおばちゃんグループがある。おばちゃんではない人もいるが平均年齢は高めである。

私は一人でご飯や一人でお酒が平気なほうなのでお昼も一人で全く問題ないのだが、前任者の退職時に「この人たちと昼食をとらねばならない」という呪いのような引き継ぎが行われ、面倒な一方、そのメンツの所属部署が多岐にわたるため(総勢6名の大所帯である)社内で行われるイベントや人間関係などの情報が得られるメリットや、お局的存在の人のその日の機嫌がわかるという点も多少便利なため「今日はどうしたって一人になりたい!」というとき以外は極力そのグループに参加することにしている(とはいえひどい時は丸々1週間逃げ続けることもある。別に楽しいわけでもないし)。

 

それを踏まえたうえでの話だ。

お昼を食べているメンバーに子持ちが数人いる。数人のうち1人は「肝っ玉母ちゃん」みたいな人で、まあ、なんというか、棘のある言い方をすると「子供生んで女を捨てたタイプの人」である。我ながら嫌な言い方するけれどもその肝っ玉母ちゃんから聞いた話。

 

先日、ママ友で仲良くなれそうだなと思っていた4人でご飯を食べに行った。

うち肝っ玉母ちゃんと1人はもともと仲のいいママ友であり、新たに加わった2人もそちらはそちらで仲良くしている2人であった。酒宴が進むとその新たな2人が言い出した。

「我々は彼氏持ちである」と。

「いまどき彼氏くらいいるの普通だよね」と。

 

肝っ玉母ちゃんは驚いた。驚いて、昼休みに昼食を共にしていた我々にそのエピソードを、自分が如何に驚いたかを身振り手振りを交えながら言って聞かせた。お局は

「えー!ドラマみたい!」

と言って喜んでいるようだった。

 

いや待てと。

お前らどんだけ純粋培養されて来たのだと。

正直なところ、私は不倫の話はいい加減聞き飽きている。

高校の頃の同級生やら職場の若い後輩やらから直に聞く、実は不倫している話から、夫が不倫していて離婚します話、妻の不倫が原因で離婚しちゃった☆話、証拠はまだ掴めていないが十中八九伴侶に不倫されている話、噂レベルなら「〇〇さんと△△さんって不倫してるらしいよ〜」という話まで。

むしろありきたりで安っぽい上にクソどうでもよく、不倫しているお前が酔っ払いたいのなら酔っ払っていろ、ただしお前の尻はお前が自分で拭くんだぞ?と常々思っている、その不倫話である。

いまどき、知り合いが不倫している(しかもまだ大して仲良くない人たち)という話題でこんなにショックを受け、わざわざ雑談レベル以上の勢いで報告するほど興奮できるものかという衝撃。

もう一度言おう、お前らどんだけ純粋培養されて生きて来たのだ。ある意味羨ましい。

 

ここまではそんなに底意地の悪い見解ではなかった(ないよね?)。なかったのだが、あとになって底意地の悪い見解ができることに気付いた。

 

普通に考えて、不倫を誰かに公表するというのは危険行為だと思う。特にそんなに親しくない相手に話すというのはこの上なく危険だ。離婚上等!別れたるわクソが!というような状況であるならばいざ知らず、普段は仲良し家族的な雰囲気を醸し出しながら生きている人が、知り合ったばかりの誰かに不倫を公表するなんて迂闊すぎないか?と私は思った。ではなぜ公表したのか。そして底意地の悪い結論に達した。

 

これマウンティングじゃねえの?

 

思い出して欲しい、この話を持ってきたのは前述の通り肝っ玉母ちゃんである。酷いことをしつこく言うが、肝っ玉母ちゃんは平たくいうと女を捨てている系である。

女を捨てている系の人と知り合い、初めて飲みに行ったその場で「私たちには彼氏がいます」と発表する理由。

 

「私たち、結婚していて子供もいるけど恋愛も楽しめています」

「私たちは女として他所の男から求められています、あなたたちには難しいでしょうけど」

「だって女としてのレベルが違うから」

 

こういう解釈ができることに気付いた私も如何なものかとは思うが、これどんだけ底意地の悪いマウンティングなの…!底意地の悪くないマウンティングって知らないけど。

 

しかしこれがマウンティングだという解釈は間違っている気がしない。だって意味わからんもん。強風に煽られる吊り橋を自ら渡りに行く理由がほかにはない。知られていない方が知り合ったばかりのママ友と穏やかな関係を築けるし、そこから漏れるかもとビクビクすることもない。

じゃあなんで言ったのかと理由を考えたらそりゃ自慢したかったんだよねとしか思えない。

 

不倫でマウンティングするっていうのもレベル低いなと思うけど

というかマウンティングという行為自体レベル低いんだけど

くっだらねーなと思いつつ、割と真剣にカムアウトした二人の心理について考えてしまいハハハ、マウンティングっすかーつまんないことしますねーという結論に達した私も大概くだらないなーと思いつつ、不倫!ドラマみたい!と思っちゃう純粋培養さんたちがいることが衝撃であった。私に認識できている世界は狭い。

テラチンのサイン会に行ってきた

テラチン(寺地はるな先生)のサイン会があったので行ってきた。とても好きな作家さん。

テラチンはサックスブルーのワンピにネイビーのアイシャドウを合わせていて、お洒落さん…!と思った。洋服の色とシャドウの色は合わせるべきと高校生の頃にモデルさんが言っていて、私もそうしようと心がけているけれど実際それやってる人割と少ないんだよね…。でも合わせると素敵なのでみなさんにもおススメしておく。洋服じゃなくても靴の色とか、洋服はワントーンコーデにしてバッグ・アクセなんかの小物全部の色を差し色にして、それとアイシャドウの色を統一してもいい感じだよ!

って昨日は思い込んでいたけど、私は昨日ノー眼鏡で「あんまりよく見えないな」と思いながら行動していたので、アイシャドウが気のせいだったかもしれないと思い始めた。ネイビーのシャドウに見えたけど別の色かもしれないし下手すると「塗ってませんけど!?」みたいなことになるかもしれない。時間が経てば経つほど自信がなくなってきていて、思えばいつもそうなので、この先犯罪に巻き込まれて事情聴取されても目撃した容疑者の性別すら怪しくなる自信がある!

 

うん話が逸れた。

実は私、作家さんのサイン会というのに参加するのが初めてだったため、会場に着いたらとりあえず写真撮っとこうとかワクワク感を文章にして残しておこうとか色々考えていたのだが、緊張で全てすっかり忘れて現在に至る感じてござる(しかも開始時間到着はおろか家を出たのがサイン会の開始時間を過ぎてからでござった)。作品の感想もテラチンにお伝えしようと思っていたしあの作品やこの作品についても話そうと思っていたのに全然話せない体たらくだったでござる。

テラチンも少し緊張気味だったのか(ていうか並んでいる一人一人相手をしていたのにずっと緊張するものなのだろうか。いや私はそういう経験がないからわからないが一人一人それぞれ別個の人だから人が代わるたびに新たに緊張するものなのかもしれないけど)なんだかワタワタしていて、私もワタワタしていたのでお互いにワタワタするというちょっとおかしな感じになっていたのだが、少しだけ作品の感想を言ったらすごく真っ直ぐに目を見て話を聞いてくれたので、すんごい真っ直ぐに目を見る人だなと思いまた新たに緊張してしまったりした。よく考えたらそりゃ作家さんなんだから自分の作品の評価が気になるだろうし、その評価をされる場面に直面したら「あなたはどう思ったんですか!」と思って真っ直ぐに目を見て話を聞いてしまうよねとも思った。

 

サイン会で話せなかった話。

とある作品の中でちょっと切ない結末を迎える人がいて、その人について寺地さんがTwitterで以前「その人のエピソードの続編を書いて欲しいという要望がたまにあるんだけど、ハッピーエンドにならないので書きません」という主旨のことを呟いていて(主旨なので表現は違った)、あーそうだよねーと思ったのね。確かにその登場人物のエピソードは切ない終わり方をしていて「この人には幸せになって欲しい〜」という気持ちにはなったけど、人魚姫の話あるじゃん?あれ、最後悲しいじゃん?なんでこんな話なんだよー!と子供心には思ったけど、中高生くらいになると「あれは叶わなかったからこその名作なんだよな」って気持ちになるじゃん?

私は結構年を食っているので、ディズニー作品の「リトル・マーメイド」が作られたとき既に小学校高学年か中学生だったのだけれど、リトル・マーメイドってハッピーエンドじゃん?実は観たことないんだけど「人魚姫をモチーフにしてるけどハッピーエンドです」みたいな話だったよね確か。その話を初めて聞いたとき、いやいや、あれはアンハッピーエンドだからいいんじゃん?ハッピーエンドだったらただの幸せな物語じゃん?と思ったんだよね。

私の姉は「あれは子供が初めて『頑張っても想いが強くても叶わないものがある』ってことを知る物語だ」と言っていて、私はそこまでは思わないんだけど(笑)、それでもあれはやっぱりアンハッピーエンドだからいいのだとは思っていて、かつアンハッピーエンドだからこそ与えられるリアリティみたいなものもあるよねとも思うのね。人魚姫にリアリティがあるかどうかという話ではなく、この小説上では「現実ってこうだよなあ…」と感情移入してしまったよねっていう。叶わなかったからこそ人の心を惹きつけるっていうことでもあるのかな。

だからこそ寺地さんに「続編(スピンオフ?)書いてください」と言った人がいるんだろうし、その人の気持ちもわからないではないけど、でも「ハッピーエンドにはならない」と言った寺地さんの気持ちもわかるなあと思ったり。

 

で、人魚姫の話を書いていたらもう一個書こうと思っていたことをマルッと失念したのでまた思い出したら。思い出さないかもしれないのでそのときはごめん。

 

サイン会、前日と前々日に続けて色々な事情や事故で行けなくなるという縁起でもない夢を見ていたので、行けて本当によかった。写真は寺地さんがサイン会でくれた掌編(短編?)。ボコボコなのはサイン会の後に色々予定があって歩き回っているうちに私のバッグの中で私の荷物に押されたから。せっかくもらったから大事にしたかったのに悲しい。サブバッグ持っていけばよかった。とりあえず読み終えたら重い本の間にでも挟んで押し花方式でシワを伸ばします。

f:id:ma-fuyu:20190218021241j:plain

 

今!読み終えたんだけど!あのおまけ!

ああ〜なんて粋なんだ。素敵だ〜。くっそう、素敵だ〜!

 

それからテラチンがTwitterにもらったプレゼント(大量)の写真を載せていたのだけれども、私が差し上げたプレゼントもこっそり映っていたのでフヒヒと思っていますフヒヒ。

 

(マルッと失念した内容は未だに全く思い出せていません)

よろ

はてなブログを久々に書くか!

と思ってスマホのブラウザからアクセスしたら、ページ遷移するとログイン状態が消えてブログが書けないという状態になっていた。

 

ほう、そこまでしてアプリをダウンロードさせたいのだな…?

 

と思ったのでまあいいよ落としてやるよと思ってアプリをたった今ダウンロードした。

アプリから書き込むとなぜかテキストが明朝体になるという気持ち悪いバグは解消されたのだろうか。いい加減されてるか流石に。

 

今年の目標は、今勉強してることをしっかりモノにして実務に活かすことと、清々しく悪縁を断つこと。

それから少し痩せたいかな…。

今年もよろしくです。