読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アンサーソン

おひとついかが

こむら返る

日常

たった今、id:mame510negiさんの

寝ながら力む。器用。 - まめがネギすきなんだってブログ

というエントリを読んだので、こむら返りについて。

 

 

寝ているときによくこむら返る。10代の頃はなかったように思うが、気付いたらちょくちょくこむら返るようになっていた。bbaかよ(bbaだけど)。

夏場は殆どないが、冬場、脚が冷えると覿面に来る。ベッドに入って「ヤバイこれ攣るやつだ」と思ったらできるだけ脚を温めてから眠るようにしているが、最近では起きて動いていても脚の冷えでこむら返るようになってしまった。bbaかよ(bbaだけど)。

 

一方、確実にこれをやると年中いつでもこむら返ることができる百発百中の打率を誇る行動がある。

ベッドの中での伸びである。

たまに「快適に目覚めるために」みたいなライフハック系のエントリや雑誌の記事で「朝目覚めたら布団の中で寝たまま大きく伸びをしましょう」みたいなことが書かれているが、これを実践すると確実に脚が攣るのだ。そうなると朝から一人でもんどり打つことになって快適な目覚めもクソもなくなる。これも10代の頃にはなくて、気付いたら攣るようになっていた。

常に意識的に「よし伸びをしよう」と伸びているならそれをやめるだけだから問題はないが、たまに寝ぼけて夜中にベッドの中で伸びをしてしまい暗闇の中で涙を流しながらもんどり打ったりもしている。痛いんだよチキショー。横でオットは爆睡である。助けろよチキショー。

「なんでだよ!」と思い色々と調べてみたが「百発百中で攣る」というコメントや記事には未だお目にかかったことがなく、冷えが〜とかミネラルが〜とかストレスが〜とか自律神経が〜という「それら割となんの病気のときでも挙げられてるよね」的な情報しか出てこないので、「原因はよくわからないってことがわかった」で留めておくことにした。原因がわからないのに調べ続ける作業は疲弊するだけだ。

しかし、一応の対策はそれなりにある。

寝ぼけているときの対策はないので諦めるしかないが、朝目覚めて身体が伸びを始めてしまったときは、すぐさま膝を曲げて足の裏をマットにつけて踏ん張るとこむら返らないのだ。脚まで伸びる気持ちよさはないが、お陰で今ではそんなに気にせずに伸びをできるようになった。それまでは伸びようとする身体を押しとどめて起き上がったりしていたので、今のほうが目覚めはスムーズだ。イヤ毎日伸びをしているわけではないが。

 

そんなわけで「伸び→攣る」のほうはほぼ解決しているが(原因はわからないので解決といえるかどうかは怪しいけれど)、「脚が冷えて攣る」のほうは殆ど解決していない。自分で脚が冷えていることに気付かずに「ヤバイ!」と思ったらもうアウトな域に達していることが多い(気付くと足の指が「待てお前どこへ行く気だ!」というあらぬ方向を向いて踏ん張っている)ため、普段から気を付けて厚手の靴下を履くとか靴下の上からもこもこしたルームブーツを履くくらいしか対策がない。下手をするともこもこルームブーツの中で攣ったりもする。もっと画期的な対策はないものかと寒い時季が来ると毎年思うが、今のところこうして「脚が冷えないようにする」くらいしかできないので、冬場の私はいつも困っている。

 

やれヨガだ筋トレだ生姜だハーブティだコーディアルだなんだと色々やってはみるのだが、あまり「効果覿面!」と思える対策はないんだよね…。bbaかよ…(bbaだよ…)。