読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アンサーソン

おひとついかが

無理ゲー

育児中に感じる、寝ている夫への殺意とその対処法。 - スズコ、考える。

これと

育児中の妻に殺意を抱かれないために、夫が気をつけるべきこと。 - ほう太パパの七転び八起き

これを読んだ。

 

スズコさんのエントリを読んだときから、いや、もっと前に子育てをしている他の人たちが書いていた子育てエントリを読んでいたときから薄々感じていたんだけど

「出産・育児って物凄い無理ゲーでは…?」

という思いがじりじりと強くなっている。たぶんこの先も子育てエントリを読むにつけ、この思いは強くなっていくのだろうと思う。

 

私たち夫婦は選択子ナシだ。いや、選択子ナシというと語弊があるかもしれない。正確には、私の貧血が酷い(ただの鉄欠乏性貧血だが医者に驚かれるほど数値が低い=万にひとつ、妊娠できたとしてもお腹で赤ちゃんがちゃんと育たないだろうなと思われる)ので、私自身が「出産は無理だろうな」と二十歳くらいのときから思っていて、でももしオットが子供が欲しいというなら病院行ってなんとかなるのか、治療が必要なのかちゃんと聞いてくるよと言ったところ「どっちでもいいよ」と言われたので出産に関しては「予定のないもの」として放置している状態だ。

オットは私に気を遣っているかもしれない(→本当は欲しいけれど私の身体の話を先にしていたため、私の負担を考えてそう言っているのかもしれない)と思ったので、念のため時間を置いてからもう一度聞いたが答えは一緒だった。「精神的な不安とか経済的な不安とかがあるから?」とも聞いたところ「それもある、けど本当にいてもいなくてもいいと思ってる」と言っていたので、ならばそういうことなのだろうと思い「出産にはリミットがあるから、あとで『やっぱり欲しい』って言われても無理になるときが来るからね」と前置きし了解を貰ったうえで、そこから出産の話はしていない。

 

幸いもともと私には出産願望がなかった(どころか結婚願望すらなかった)ので今更無理ゲーとわかったところで何ら困るところはないのだけれど、子育て中の母親の手記を読む度に「出産はむしろ楽だ…」とさえ思えてしまう。知人に子育てをしている者が何人かいるけれど、あんなに普通に生活しているようにしか見えないのに、あの人たちがみんなこんな壮絶な思いをして育児をしているのかと思うと「あんたたちすげえ…」という感想しか浮かばないのだ。

私とオットは共働きで、オットのほうがだいたい帰宅は遅いのだけれど、私も帰りが21時22時になることがある(前は終電のときもちょくちょくあったので今はかなり楽になったのだが、仕事がそんなにないことで景気の悪さを身にしみて実感する。たぶん世の中の景気が上向いても私の所属する会社は景気の悪いままだと思う)。疲れているのに「ごはん作ってあげなきゃなぁ…」という義務感から買い物をして帰り(残業時、私は大抵会社近くのコンビニでおにぎりやサンドイッチを調達してもそもそ食べながら仕事をしているが、オットはなぜか会社でご飯を食べずに帰ってくる)、ご飯を作っているとオットが帰って来てそうそうにゲームをしていたりすると「ふざけんなあああああ!」と思うことがあるのだ。そんな気持ちになるくらいなら最初から「疲れたから作らない」と食事の用意など放棄すればいいのだが、帰路ではちゃんと作ってあげようと思ってしまったりしているんだよね…。ちなみに「疲れたから作らない」も割とやるし、それで文句を言われたことはない。

子育てしているわけでもない私が「ふざけんなあああああああ!」と思うんだから、更に子供がいたらもうオットを確実に刺すよねと思うんだ。確実に仕留めるよね。

 

ついこの前まで、ドラマや映画でお腹を刺されて死人が出たとき「心臓刺されたならまだしもなんでお腹刺されて死ぬんだよ。そう簡単に死なないだろう」と本気で思っていたのだけれど、お腹刺されると出血多量で死んじゃうんだってね。逆に心臓は肋骨があるし、肺もあるから刺すのが難しいと聞いた。思っているより真ん中寄りにあるそうだし。

そういうことを知ったから、たぶん私が子育てで「ふざけんなあああああ!」になったらオットのお腹を刺すよね。刺した後でちゃんと出血するように持っている柄をねじって抜くよね。または滅多刺しにするよね。

 

閑話休題すぎ。

勿論、これはブログだの手記だのを読んだうえでの想像でしかないし、我が家では子を持たないという方向で話が固まっているので、この先私たちが子を持つことはないため私がオットを刺すことはない(少なくとも子育てに関して、では)のだけれど、専業だったとしても無理ゲーじゃないかと思えるくらいのレベルなのに、仕事しながら子育てしてる人は本気で凄い…と敬意を表して締めたいと思う。

 

大変だ 知らなかったよその修羅場 みんな凄いな 引くほど凄い

 

引くほど、ってちょっと酷いかもしれないけれど、実はこういう「子育てエントリ」を読む度に自分に置き換えて「イヤこれ無理じゃないか…?」と引いてるんだ。でも引いてると同時に本当に凄いなとも思ってるんだ。

 

補足。確かに私のオットは家のことをあまりやらないけれど、たまになら洗い物やお風呂掃除やトイレ掃除もしてくれるし、私もそこまで頻繁に「ふざけんなあああああああ!」とは思っていない。疲れてイライラしているときだけだ。私はもともと短気なので、たぶん相手がオットでなかったらもっとイラついていたと思う(オットといるとあまりイラつかないので。それでもイラつくときも勿論ある)。ただ、たまにしかしてくれないので、もし本気でオットが「子供欲しい」と言い出したらもっと家のことを率先してやるようにして貰わないと無理だなー、と前述の子供欲しいかどうかの質問をしたときに考えてはいた。