読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アンサーソン

おひとついかが

日常

そういえば連休中にことりカフェという鳥を見たり鳥と遊んだりできるカフェに行って来たのだった。なんでこんなブログに書きやすそうな話題を忘れるのか私。

 

f:id:ma-fuyu:20140511014533j:plain

鳥がとても好きなのね。

小鳥も猛禽も好き。例外として鶏の類はあまり好きじゃない。あいつらあんまり可愛くない。攻撃的で怖い。鶏は食うに限る。鶏肉おいしい。可愛くないけどおいしい。

小鳥は昔飼っていたことがあって、でも一人暮らしを始める際に実家から連れてきて半年ほどで落鳥させてしまい、それが本当に悲しくて次を飼うことができなかった。完全に私の過失だった。いつも元気に声をかけてくれていたのに、私は自分のことにいっぱいいっぱいで、彼女の変化に気付いてあげられなかった。

 

 

f:id:ma-fuyu:20140511014901j:plain

カフェなのでお茶やお菓子が楽しめる。飲み物に右下のクッキーがついてくるので、「ちょっと何かつまみたい」程度なら飲み物だけ頼めばいいと思う。

そのお会計時に、小鳥とふれあえる「もふもふタイム」(500円/5分)の申し込みができるのだが、もふもふタイムの受付は17時までで、しかも平日でもなければ外で待たされることもある程度には混んでいたりもするので、もふもふタイムを楽しみたい方は早めに行くのが得策だと思う。

なぜこんな解説ができるのかというと、実は最初に行ったとき(連休前半)入店できたのが16時45分くらいでもふもふタイムに申し込めなかったため、連休後半にリベンジしたからだ。ちなみに二度目は午前中に行った。あっさり入れたし、混んでいなかったので店員さんの対応も初回と違って丁寧だった。混んでたらバタバタするのは仕方ないよね。

 

f:id:ma-fuyu:20140505115221j:plain

f:id:ma-fuyu:20140505123723j:plain

お茶を飲んでいる間はこういうガラスケースの向こうの小鳥が一人でぐちゃぐちゃ喋っていたり(一人でも喋っているのはセキセイくらいだけど)、熱心に羽繕いしていたり、ぶら下がっているカゴを破壊している様子が見られて楽しい、可愛い。

 

 

f:id:ma-fuyu:20140505125408j:plain

がじがじがじ

もふもふタイムでふれあえたオカメのレモンちゃん。喜んで貰えるかなーという下心のもとに着けていたブレスレットが怖かったらしく、かなりバサバサされてしまった。店員さんに「ブレスレットが怖いのかも」と言われて外して仕舞ったら怖がられなくなったけれど、オカメの興奮が伝わったらしく、ケージに入っていたタイハクオウムのたいちくんに「ギャース!ギャース!ギャース!」と大騒ぎされた挙げ句(白オウムが叫んでる声は恐ろしくデカイ)、「ギャース!ギャース!ギャース!ハロー♪」と挨拶された。どういうことだ。

たいちくんは男の人のほうが好きらしいんで、男の人はぜひたいちくんと遊んで欲しい。

画像は私の服についていたボタンで遊んでいるときのレモンちゃん。

店員さんの話では、初めて見るアクセサリーなんかは怖がってしまうそうで、スマホとメガネが好きらしい。メガネ…この日はかけていかなかった…!メガネかけてブレスレットして行かなければもっとフレンドリーに遊べたかも…!

そうだよなー、昔鳥飼ってたけど、おもちゃとかブランコとかも最初は凄い怖がってたよなーと思った。翌日には慣れて遊び始めるんだけど、最初は絶対怖がるんだよね。それを失念していた時点でミスってたなーと反省。

フレンドリーに遊びたいならアクセサリーの類は外してもふもふルームに入ったほうがいいと思う。メガネ持ってる人はメガネをして、スマホ持ってる人はスマホを持っていけ。

 

このほかにアカエリゴシキセキガインコというカラフルな子とも遊んだんだけれど、その子とは時間がなくて写真を撮り損ねた。その子は人の顔が好きらしくてずっと顔をかりかりしていた。肩に乗るのも好きだそうで、時間が来て店員さんが下ろそうとしたところにお手伝いで手を出したらかなりぎっちりと噛まれた。インコやオウム(あと猛禽)は嘴がしっかり食い込むようにできているので、向こうが本気だと比喩ではなく手に穴が開く。穴は開かなかったけれどしっかり跡は残ったので、結構な具合で嫌がっていたんだと思う。

 

もうこの店舗にはいないのだけれど、入り口にモモイロインコのモモちゃんという子がいた。行ったときはケージに入っていて(もふもふ対象外になっていた)見に行くと近くに寄ってきてくれた。今は異動して北千住のことりカフェ雑貨マルシェというお店にいるらしいので、「見るだけでいい」とか「雑貨だけ欲しい」という人はそっちに行くといいよ。モモちゃんかわゆい(ああでも表参道でももふもふ申し込まなければ見てお茶だけして帰るというのも勿論可能)。

 

もふもふ待ちをしているとき、近くのテーブルに座っていた2人組の女の子たちが「一回5分ってことは、二回分申し込めば10分触れるのかな」と言っていて、ああそれ気になると思った。でも基本混んでる感じだったし二回の申し込みはできない感じなのかなーとも思い確認はしていない。気になる。誰か赴いた際に確認できたら教えてくれてもいいんだぜ…?

 

 

小鳥に触れる場所ってあまりないんで楽しかった。

6月には吉祥寺に新店舗ができるそうで、表参道よりも近くて行きやすくなる。楽しみ。