読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アンサーソン

おひとついかが

あたらしい朝が来た、希望の朝だ

今日はロクに仕事をしていない。仕事がないからだ。

昨日は割と忙しかった。日によってムラがありすぎるのだ。「これ終わったら昼休み!」と思いながら頑張ってやっていたことが終わる寸前に次の急ぎの用件が入ったりする(そして昼休みが16時過ぎになったりする)、その一方で「どうしよう、今日何もしてないから日誌に書くことがないよ……」と思ったままで一日が終わったりもする(日誌の作業内容はでっち上げる and 雑務をさも仕事であるかのように書き連ねる←上司に毎日提出してチェックされるのだが、押印されるだけでほぼ内容を見ていないため、何かべろべろ書いてさえあればどうとでもなる)。

 

 

朝の準備の話をしようと思う。出勤前・通学前のあの準備だ。

私は準備に異常に時間がかかる。いや、かかっていた。

今はかなり遅起きになったけれど、数年前までは6時ないしせいぜい6時半には起床していた。それでも8時半に家を出られなかったのだ。な?私、病気っぽいだろ?

私は夜に入浴する派なので、起床してすることといえば

 

1. 朝ご飯

2. 歯磨き

3. 洗顔

4. 着替え

5. 化粧、終えて出発。

 

これだけなのに8時45分くらいまでかかっていた。「なんで?」と聞かれたことがあったが、私にもよくわからない。化粧時間が異常に長いわけではない。芸能人のように2時間も化粧なんてしていられない。でも気付いたらそんな時間なんだ。当時は朝のワイドショーからはなまるマーケットまで見放題だった。な?私、病気っぽいだろ?

 

今は起床から出発までだいたい45分だ。私にしてはかなり短縮されたが、それでも30分程度で家を出られる人がいることを考えると、やはりかかりすぎているなと思う。

45分まで短縮することに成功したのには理由がある。成功というか必然か。寝る時間が遅くなったからだ。早寝できなくなったことにより早起きもできなくなり、朝食を採らず、すっぴんで家を出るような暴挙に出てでも出発までの時間を短縮せねばならなくなったのだ。眠い眠いと思いつつ歯を磨き顔を洗い着替えをしてすっぴんで家を出る(時間に余裕があれば化粧して出るが、すっぴんのときの化粧は会社に着いてから。でもあれよ?すっぴんなのは本当に時間に余裕がないときだけだよ?朝食も時間あれば食べるよ?オットは 朝食を採る時間がない or 時間があっても外で食べたい派 なのでオットの分はない)。

 

1. 歯磨き

2. 洗顔

3. 着替え

(→ 4. 化粧)

 

すっぴんなら3工程。すっぴんじゃなくても4工程。

 

はて、なぜ45分もかかる……?

 

歯磨きに5分。洗顔に5分。着替えに5分。化粧に10分。25分で済むはずだ。あとの20分はどこへ消えたのだろう?水を飲んだり排泄等にあたる時間を考えても10分はかからないだろう。仮に10分かかっていたとしても、あと10分余る。早起きができなくなった私にとって、朝の10分は以前のそれより貴重だ。非常に貴重だ。電車4本分にあたる。10分早く駅に着いたら4本前の電車に乗れる。

 

遠い昔の知り合いに「時間の使い方が下手だよね」と言われたことがある。そのときは何言ってんの?と思ったけれど、今なら彼の言葉の意味がよくわかる。私は一体何に時間を割いているのだ?そしてこれを言われてからかれこれ10年以上経っているのに準備の時間が一般と比較して未だ長いことについては解決できていない自分はどうなってんだ?な?私、病気っぽいだろ?

 

 

そもそも化粧ができていないのに「準備完了」じゃねえよと。曲がりなりにも社会人だろうがよと。眉毛半分なくて爬虫類みたいな顔して走ってんじゃねえよと。

化粧できずに駅に着いたときに心の底から思うのだけれど、キレイなオフィスカジュアルに身を包み、しっかりとお化粧を施し、あまつさえ髪まで巻いているOLさん。あんたたちマジですげえよ。敬服するよ。そういうOLさんに話聞くと「起きてから出るまで30分くらいはかっちゃうよ〜」とか普通に言うんだよね。どうなってんだそれで30分って。私2時間半以上かけてたときでもそんなふうにちゃんと準備できなかったよ。な?私、病気っp

ちなみに私の仕事は超普段着OK。ジーンズで出社してもなにも言われないのをいいことに、コルセットスカートや肩出しトップス、サンダル出社など好き放題やっている。

それなのに!服適当でも怒られたりしないのに!たまに慌てすぎて柄on柄さらに柄、って大橋巨泉が「さらに倍率ドン」って言ってるみたいな格好してるのに、いつもゼイゼイ言いながら駅に向かう坂道(上り坂)を、出社時間ギリギリで会社最寄りに到着する電車に間に合うように走って行くんだぜ?な?私、病k

 

 

そんなふうに脳の病気っぽさを前面に出してアピールしてみたけれど、改めて思い返してみてやっぱり特に2時間半かかっても家を出られなかったときのことを考えてみると本当に病気っぽいなあと思うのだ。片付けられない病がADHDであったように、準備の遅い病も何か脳に原因があるのではないかなーとうすらぼんやり思っている。

もっとも、これが病気であったにしろ病気でなかったにしろ準備に時間がかかっているという事実は変わらないので、ちょっと本気でストップウォッチを生活に導入してみようかなーと思い始めている。

ただ、ストップウォッチ使い出したらなんか時間に追われてるみたいで窮屈になっちゃったりしないかな、ストレスにならないかなという心配もある。そうなったらやめればいいだけのことだけれど。

 

効率ってなんだろうね……。