読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アンサーソン

おひとついかが

じりじりする

オットが転職する。

今日が退職日だった。少し前から有休消化でずっと家にいた。羨ましい。それでも有休は使い切れなかったらしい。

そもそもこの人は私と付き合い始めてすぐの頃に一度転職しているのだけど、その転職で就いた今の仕事(というか業界)がピークを少し越えた下り坂にさしかかっていて、かつ「仕事がつまんない。イヤ違う、仕事は楽しいんだけど、成果物がロクでもなくてガッカリする」と言っていたのでまあいずれ転職するんだろうなあと思っていたら、声を掛けてくれた数社に話を聞きに行き、そのうち一社に決めてとっとと転職活動を終えた。私…だいぶ前から転職活動してるのに(今やる気なくしてサボってるけど)。羨ましい。

前職がこの不況下においても儲かっている業界だったため、それなりに稼げていて(勿論それ相応に労働もしてきているのだが)「転職したら年収減は免れないだろうねー」と話しており、当然年収下がるんだろうなと思っていたら上がるらしい。賞与はなくなるのだが、年収ベースで10万ほどではあるがアップ。マジか。羨ましい。

転職先は面白げなサービスを運営している会社なので、それに関われるのが楽しみらしい。羨ましい。

 

以前からオットに関しては割とじりじりしてしまう*1ことがあったのだけど、今回は今まで経験したことないレベルでじりじりする。羨ましすぎてもんどり打つ。楽しそうな会社でしかも年収アップってなんだよそれ羨ましいよおおおおおおおお!

 

気付いてる 羨む相手が違うこと だけどじりじり 修正不能

 

あまりこのことばかりを考えていると、嫉妬と羨望による自己嫌悪とか自己否定の気持ちでどんどん凹んでいくからもう考えないことにする。ああもう羨ましい!

*1:嫉妬みたいな感情?嫉妬と羨望だろうか。そういう感情があると爪先やら尻やら首の付け根あたりがなんだかじりじりするのだ。