読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アンサーソン

おひとついかが

結婚したい人・したくない人

別のこと書こうと思っていたのだけど、たった今書きたいことができてしまったので書く。

 

「結婚したくない人」の気持ちがわかりません - 体調わる子の毒吐きブログ

 

これね。

わた子ちゃん(id:watakochan)からはTwitterにリプライを貰ったりしていて、今回もTwitterで思ってること書こうかと思ったんだけど、140文字じゃ足りないよ!と思ったのでこちらで。

 

私は結婚したくなかった、ずっと。高校生くらいの時から。

結局結婚したからあんまりどうこう言える立場にはないけど。

 

個人的に「『結婚』って意味わからなくない?」って疑問がずーっとあった。

「結婚ってなんだろう」って疑問は高校生くらいの頃に芽生えて、制度として意味がわからないなーと大人になってからも思っていた。時間経っても何もわからない。結婚した今もやっぱりちょっとわからない。

好きなら一緒にいればいいじゃない、一緒にいたいなら一緒に暮らせばいいじゃない、それを「結婚」って社会制度でくくらなきゃいけない理由はなんなの?

確かに、形として「結婚」していたほうが、子供が生まれたあとの社会保障とか、相手が他界したときの保障とか有利な点は色々あるんだけど、それは「結婚」したから有利になりますよって話であって、お互い独身のままで生活しているだけだったとしても特に弊害があるわけじゃない。

だったらわざわざ特別に契約を締結する必要ないじゃない。

手続きも煩わしい。一旦結婚なんてしてしまったら「やっぱやーめた」となったときまた煩雑な手続きをしなきゃいけないなんて面倒じゃない。なら独身のままで一緒にいればいいじゃない。独身のままならつくも離れるも楽にできる。

子供生むことを考えたら結婚していたほうがいいという言い分はわかる。でもそれなら、子供を持たずに結婚してる大勢の人はなんで結婚したの?なんで制度でくくったの?

ほうら、結婚って意味がわからない。お付き合いをずっと続けていくだけじゃダメなの?

そういう考え。

 

 

わる子ちゃんはご飯について書いているけれど、ご飯…一人で食べても充分おいしいよ…?

結婚したってほぼ一人で食べてるんだ、我が家の場合。

オットの帰りが遅いというのが主な理由。外食するときは一緒に食べるし、一緒のほうが楽しいかな。でも味は変わらない…という印象で…。

いや、実際の味覚の話をしているんじゃないというのはわかっているんだ。

他の人と一緒にいるのは幸せだよね、って話をしているんだと思うんだけれど、それはオットやツマでなければならないわけじゃない。友達でもいいし、恋人だっていい。

 

あああ違うんだ、あら探しをしようとしているんじゃないんだ。論破したいわけでもないんだ。

わる子ちゃんの言ってることって、婚姻関係を結んだ相手じゃなくてもできるよね?ってことは言っておきたいと思ったんだ。「じゃなくてもできる」のであれば、理由として弱い。

 

 

既婚者に向かって「ATM乙」とか「女はバカだから」とか、ネタなのかまんま2ちゃん脳なのかわからない人は除外するとして、純粋に「結婚したくないな」という人はいるんだよと言いたいんだ。

 

知り合いに「結婚すると孤独死しなくて済むじゃん」と言われたことがある。

でも孤独死ってそんなにイヤ?

確かに、夏場に数ヶ月も発見されず、異臭騒ぎで漸く開けて貰った扉の向こうで腐乱死体、というのはさすがに周囲に迷惑をかけまくるのでできる限り避けたいところだが、自分自身は死んでしまったらそれでもう何もなくなるのだから、関係ないんじゃないかなあと思うんだ。看取られて亡くなってもたった一人で亡くなっても最終的には一緒だし、結婚したって一人で亡くなることもあるだろう。

それはそんなにイヤなことかなあ?

 

私が結婚したのは、オットがそれを望んだからなんだ。希望を聞いてやろうとおもったからなんだ。

適齢期の、結婚願望のある男性と付き合ってしまった責任を取らなきゃいけないのだろうなと思ったということと、まあこの人とならこのまま長く一緒にいられるんだろうなという想像が容易にできたからなんだ。「まあいいか」と思ったんだ。

 

 

2011年の震災のとき。

あのとき、私たちはまだ独身同士で、結婚の予定もなかったけれど一緒に住み始めて数ヶ月が経ったところで、それぞれの会社からそれぞれ徒歩で23時過ぎに帰宅して、怖かったねなんて話してニュース見て、東北に住む私の姉と母に連絡が取れて安心したところで「じゃあ寝ようか」とベッドに入ってから、オット(当時は彼)が「無事でよかった」って私を抱きしめてきたんだ。

私は会社で地震に遭遇したときから変なテンションになっていて(実家のあった県の被害が物凄くて、母とも姉とも遅くまで連絡が取れなかったという不安もあったし)改めてそんなことを考える余裕がまだなかったのだけれど、「本当だよなあ、無事でよかったなあ」と思ってそれから、もしあの大きな地震が来たときに彼が死んでいたら、私たちは夫婦でもなんでもない一緒に住んでいるだけに過ぎないただの恋人同士だから、私には社会的に彼についての何も残らないんだなあ、私が死んだとしても同様で、彼には何も残らないんだなあと思ったんだ。

 

それも結婚した理由の一つ。

保障ということじゃなく、その人と一緒にいましたよという社会的な証拠が欲しいとほんのちょっと思った。

 

だから、以前のように「結婚」という制度の全否定はできなくなった。以前は全力で全否定していた。

 

だけど、結婚したいと言っている一体どれほどの人がそこまで考えているのかな?とは思う。そもそも「一緒にいたという証拠が欲しい」なんて、先の震災のような大きな出来事でもなければ思いつかないことじゃないかと思うんだ。

婚活というものを見ていても思うんだけれど、闇雲に「結婚したい」と言っているだけのように見える人も大勢いる。ステレオタイプな物言いになってしまうけれど、「結婚したら幸せになれる」「結婚しないと不幸せ」と思っている人が大勢いるように見える。実際は結婚したって不幸な人もいるし、結婚していなくたって幸せな人もいる。

 

本来の順番でいえば、好きな人ができて、その好きな人と一緒にいたいなと思って実際に一緒にいてみて、もっともっとずーっと一緒にいたいな、家族になりたいな、子供を作りたいなというのが結婚だと思うのね。

それを全部吹っ飛ばしていきなり(相手もいないのに)「結婚したい」って順序がおかしいよねと。

いや結婚制度に疑問を持っている私が言える立場にいないっていうのはわかってるんだけど。しかも私もその順番で結婚したわけではないし。

私としては、むしろこういう闇雲に「結婚したい」と言う人のほうが不思議。誰かと一緒にいたいということなのかな?それは結婚じゃないとダメなのかな?お付き合いではダメなのかな??

 

 

うん、話がどんどん逸れていっている。

 

結婚したくない人の考えのパターンを、2ちゃん脳の人を除外して想像してみた。

 

  1. 「結婚って意味わからないよね」タイプ  ←私と同じ考えの人
  2. 「まだ遊びたいし」タイプ1       ←普段からモテる人(別名ヤリチン/ビッチ)
  3. 「まだ遊びたいし」タイプ2       ←結婚したいくらい好きになれる相手と出会っていない
  4. 付き合っているお互いが1〜3のどれかタイプ
  5. 不安タイプ

5つ無理矢理出した。

「結婚とか面倒じゃん」は「『まだ遊びたいし』タイプ2」に分類。なんとなくいいかなーくらいで付き合い始めて、それなりに相手のことも好きなんだけど、結婚と言われるとちょっとそれはまだいいかなー…と思ってしまっているような人。こういう相手は余程頑固者でなければ、結婚したい側が押したら結婚できる可能性が高いかもしれない。いやわかんないけど。

5は結婚自体が不安って人ね。やっていけるかどうかわからないって思ってしまうタイプの人。

 

書いてたらどんどん眠くなってきて適当になってきてしまったよ…。

支離滅裂なところがあったらごめんなさいねーと公開。風呂入って寝る。

 

ほどきづらい 結び目結ぶ抵抗を 感じる人と感じない人

 

うおおお眠い