読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アンサーソン

おひとついかが

冬の手前

洗い物 水の温度で時季を知る 冬の手前だ 月もおぼろだ

 

下着を洗う。寒くなってきたので水が冷たい。ぬるま湯で洗ってもいいのだけど、まだ真水でも我慢できないほどではないので水洗いする。(ぬるま湯で洗うと少なからず傷むというのも理由のひとつではある)

 

私の下着には一軍と二軍がある。一軍の下着は必ず手洗いだが、二軍に落ちたらそれらは洗濯機洗いになる。

男性はあまりご存じないかもしれないが、下着は手洗いが基本だ。みなさんのボクサーブリーフも、本当は手洗いしたほうがいいのですよ。

洗剤には下着専用のものを利用するのが最善だ。ウール用のものだと既に柔軟成分が配合されているので洗濯時の伸びを助長してしまったり、普通の洗濯洗剤だと洗浄成分が強すぎて生地が傷んでしまったりする。下着用の洗剤は柔軟成分を配合していない中性洗剤なので上記のいずれも回避できる。ただしドラッグストアなどで売られている洗剤よりは高額。

しかしそういう細かい部分を気にしない女性も世の中には大勢いるので、みんながみんな下着用洗剤で手洗いをしているわけではない。と思う。私だって余裕がないときは二軍のあいつらをネットに突っ込んで洗濯機に放り込んで洗い、一軍のものを放置して二軍ヘビーローテーションということもザラにある。

私は下着が割と好きでそれなりにお金をかけて下着を購入するということもあって手入れもそれなりに丁寧になるのだが(一軍に関してだけではあるが)、上下セットで3千円くらいの下着を購入していたら専用洗剤を使うのも手洗いをするのも馬鹿馬鹿しいと思うだろうと思う。だから、手洗いしない人のことも専用洗剤を使っていない人のことも特段責めるつもりはないし、そういう人らの考えもわからないわけではない。

話を下着一軍二軍に戻す。

要は傷んできたら二軍落ちするのだが、使うタイミングが一軍と二軍で決まっているかというとそうでもない。ちょっといいレストランに行くときなんかにはそりゃあできれば一軍下着を着けたいが、そのタイミングで洗われていないならば、別に二軍の下着でも構わない。だから、この一軍・二軍分けは単に洗い方だけの問題ではある。干し方はどれも一緒。

二軍落ちした奴らは二軍落ちしてもそれなりに長期間使えるが、ダメになったらそいつらはもう払い下げということになる。廃棄だ。

長く使ってるだけの奴らはそこまで寂しい気持ちにもならず、「もうダメか、捨てるか」と捨てるだけだが、愛着があるというか気に入っているものは捨てるとき少しだけ悲しい気持ちになる。傷むなよ。傷まずにこれからもずっと私の乳をサポートしてくれよ。

無理なのはわかってるんだけどね。

たかが下着、されど下着。